FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジャッキー・エヴァンコJackie EvanchoさんのAGTへの長い道のり

”AGTオーディション一回でスターになった天才少女”と私が持っていたイメージは間違いだと散策を続けてわかってきました。彼女の家は決して裕福ではありませんでした。AGTの紹介ビデオで家の外観や内部が映らない事で察して下さい(成功してからは引越している)。私が散策して見たのは、AGTまでの小さな彼女にとって、長くつらい道のりでした。下の動画は7才の終わり頃からはじまるその長い道のりのごく一部です。


御覧頂いた動画中のロールは優勝や2位になったりファイナルまで進めたものとパフォーマンスの記録で、成功しなかった物は含まれていません。受けることのできるオーディションは全て受けていたと想像できます。すごい回数です。
AGTの最初のオーディションは8才の時に受けていたことはNaplesnews.comの2012年12月9日付インタビュー記事でわかりました。
この記事の中で

”その時は、たった8才の時でした。AGTオーディションへ行く為にお母さんが荷物をバンに積み込んでいる様子を直ぐに思い出せます。” ”でもバンは遠くには行けませんでした。バンは故障して(オーディションの)ジャッジの前にいるより修理屋さんにいる時間の方が長っかたです。” ”本当につらかったです””バンは頻繁に故障するので道端(サイド オブ ザロード)で寝たことを覚えています。(道端に止めた車の中での意味?)”
この記事を読む前に”週末はロードサイドで過ごした”と言う文を他でも私は目にしていて、それは道沿いにあるホテルやモーテルで過ごしたと言う意味だと思っていました。まさか文字通りだとは思いもしません。そうすると記事中の"All my life I had to work to get where I am,"(私の人生すべてで、今の地位を得るために働かなければなりませんでした。) と言う言葉も文字通りなの?と思もってしまいます。(追述;2007年頃から家庭の経済状況が悪化し文字通りでした。)
既にご紹介した9才で"O mio babbino caro "を歌うジャッキー・エヴァンコさんがオネム目で疲れた様子なのは、道端に止めた車の中で一晩を過ごした後だったのでしょう。

また別の動画を見て下さい。”頂上を目指す者へのいじめを乗り越える”と題された今年のインタビューです。彼女は週末は道端で寝て、学校ではいじめを受けていたのでした。



”私の様に上を目指して頑張る人間は、このようになりたいと思う者になろうとする事を恐れません。それがほんの少し人と違います。その違いの為にからかわれます””ほとんどは言葉によるいじめでしたが時には殴られたり締められたりしました。””その時はたしかに泣いたけれども「この恐ろしい人たちは、ネガティブなのでいじめる以外に幸せになれることを何も持っていないのだ。」と考えて乗り越えました。””彼らは楽天的でもなく心も開いていません””私にこんな事をした彼らに、私はギブアップするつもりは無いという事を見せたかった。それが大きなモチベーションになりました。” 、、、と彼女は動画の中で言っています。(多分、そういう風に、、ヒアリングの出来るどなたか間違いを訂正してください)
一番最初に私が目にした彼女の動画 ”ヒットマンリターンズ”コンサートを再掲します。3:30頃からD.フォスターさんとの会話で(D.フォスター)"AGTの前に私を訪ねてきてくれて歌ってくれたね、2年ほど前だよね” (J.エヴァンコ)”はい、それは、私の人生で(on my life)一番良い経験でした”と言います。


私は小さな女の子が"人生で"と言うのでここで笑ってしまいました。観客からはどっと受ける事はなく少し笑いがある程度の反応です。アメリカの人には可笑しく無いの??と思いましたが、これは観客の多くは彼女の苦労を知っていたという事なのでしょう。知らずに笑った私はただ恥ずかしいばかりです。彼女のエンゼルスマイルには乗り越えたものが大きかったからこその晴れやかさがあります。

やはりこのDVD/CDも再掲します。
Hit Man ReturnsHit Man Returns
(2011/03/07)
David Foster & Friends

商品詳細を見る

このDVD/CDには沢山のスター達だけではなく、ララ・ファビアンにあたたかい拍手を送り、私の誤りを諭してくれる素晴らしい観客もいます。


関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://jyakko.blog.fc2.com/tb.php/17-5f0c5476
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。