スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジャッキー・エヴァンコJackie Evanchoさんの "I will always love you(L'amore Sei Tu)"

映画”ボディガード”の主題歌としてホイットニー・ヒューストンさんがカヴァーした "I will always love you"
私が好きだったのはオリジナルのドリー・パートンさんのもの


ところがYouTubeにある9才のジャッキー・エヴァンコさんがイタリア語で歌うものが不思議と魅力的。10才以降の彼女に比べると歌はまだまだ感があります。でも聴いていてそれ程悲しくなくて”小粋”な枠に収まっていてよろしいかと思います。今歌うとこれも悲しく歌うのでしょうね。この歌はこの動画にしかありません。、と思ったら2010年”Kean Idol Amateur Talent Contest ”でこの歌っていました。



次は10才のコニー・タルボットさんが歌うもの。ジャッキー・エヴァンコさんと比較して歌唱力がどうこうと言うつもりはありません。
12才のコニー・タルボットさんはもっと上手く歌っていますが、それはホイットニー・ヒューストンさん風に歌えるようになったというだけ。他の歌手でもホイットニー・ヒューストンさんの物真似的なカヴァーをしている人がいますね。言いたいのは歌が下手でも、それよりはこちらか8才くらいの頃の歌の方が価値があるだろうという事です。物まねを聴くくらいなら本物の方を聴いた方が良いのですから。

関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://jyakko.blog.fc2.com/tb.php/25-c895eea5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。