スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジャッキー・エヴァンコJackie evanchoさんと”驚くべき恵み”!?

ジャッキー・エヴァンコJackie Evanchoさんと”驚くべき恵み”!!
音声は今や幻のレアCD”Prelude To A Dream”から ”Amazing Grace”(アメージング・グレイス=驚くべき恵み)。
声を休める為にこういう曲を歌えば良いよねと思いつつ見るとこれは歌ではなく”驚くべき恵み”についての動画でした。
何が「驚くべき恵み」かと言うと、、まあご覧ください。


歌を気持ち良く聴いていると、画像がなにぬ!ね何?
動画中には「今春ジャッキー・エヴァンコさんが右足に100針縫う怪我を負いました。興味深いのは救急病棟で何時間か過ごした後、フォスターと一緒に次の日の朝公演をするトロントへと飛んで行った。あなたは天使を良い状態にしておくことはできないが一方、主がその足に奇跡の癒しの御業を行うと、すぐに傷は辛うじてみえる青い薄い線となりました。主を称えよ、神よ我らが少し粉飾するのを許したまえ。」と言うような大筋のロールが流れています。
100針縫うような大けがをすぐに直してしまう。これが”驚くべき恵み”=Amazing Grace だと言うわけです。
でこんなことが本当にあったの?それともこれは何かの嫌がらせなの?
少し調べてみるとなんと写真は本物。話も大筋は本当でした。
2012年5月22日にジャッキー・エヴァンコさんは”Got a six inch gash on my leg today playing airs soft my bro plastic surgeon & over 100 stitches all better”(今日、兄弟とエアソフトで遊んでいて6インチの深い傷を足に負って整形外科医が100針以上縫う)とツイートし、そして翌23日に”My surgeons handiwork”(私の外科医の作品)としてツイッターに動画中と同じ足の傷をアップしていますし、トロントで何かの公演に出ているのも本当でした。5月31日には”Well, my gash is getting very itchy. I think that means it's healing well ”(傷はすごく痒くなってきた。うまく治って来たってことだと思う”とツイート。
6月27日には”For all those asking, my gash is healing well ”とツイートして動画中と同じ写真をアップしています。
100針以上縫う怪我をして、その何時間後にはカナダまで行き、そして次の朝普通に仕事をする。何というゴットネエサン!自分で(私の外科医の作品)をアップするのも豪傑。この時彼女は12才ですからね。
私は”驚くべき恵み”を感じたと言うより正直こう思いました。やっぱり人間じゃあなかったんだすご過ぎる。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://jyakko.blog.fc2.com/tb.php/26-f45b72c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。