スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジャッキー・エヴァンコさんとクラシカルクロスオーバー①

ジャッキー・エヴァンコJackie Evanchoさんを知るまでクラシカル・クロスオーバージャンルのCDを1枚も持ってはいませんでした。どういう歌手がいるのかもあまり知りませんでした。
そこでネット上で最もこのジャンルの情報量が多い"Classical-Crossover.co.uk"を見て、そちらにリストアップされている歌手をYoutubeで順に聴いていきました。
その結果、一番ジャッキー・エヴァンコさんと音楽スタイルが近いのがキャサリン・ジェンキンス(Katherine Jenkins)さんだろうと思いました。(一番近いといってもやはり違いますが)
彼女はAGT後、数か月で最初のメジャーアルバム" O Holy Night"を100万枚売上げ、史上最年少記録を作るという強烈なデビューをしたジャッキー・エヴァンコさんの影響を一番受けて被害が大きかったのではと私は初めに考えました。
それは全くの認識不足だったのですが先ず2010年11月30日ロックフェラーセンターで二人が"サイレント・ナイト"を歌っている動画をご覧ください。

ジャッキー・エヴァンコさんはコートを着ていますしDフォスターさんもコートを着ています。いかにも寒そうです。なのにキャサリン・ジェンキンスさんはほとんどスリーブのない丈の短いドレスだけ、見ているだけで鳥肌が立ってきます。
ところでこの動画をどのようにご覧になりました?下の①②③のどれかでしょうか?

①先輩歌手のキャサリンさんがジャッキーさんをエスコートするようにしてデュエットしている。この薄着はいわば貫禄。
②ジャッキーさんのせいで新しいコートを買えなかったとキャサリンさんは当てつけで薄着をしている。新人いびりをするのに御自分の方が寒い思いをしても平然としているのがウエールズ魂である。
③英国ではクリスマスソングはノースリーブのドレスで歌うのが伝統である。

"Classical-Crossover.co.uk"を読むと、いやもちろん読まなくても上のような読み解き方は間違いだと解ります。
しかし"Classical-Crossover.co.uk"を読まない事には、この場合むしろ”ジャッキーさんがキャサリンさんをエスコートするようにしてデュエットしている。”と表現するのが適当なのだとは解りません。私にはこれは意外で勉強になりました。
勉強になった事についてはまた次回。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://jyakko.blog.fc2.com/tb.php/64-a1717883
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。