スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジャッキー・エヴァンコJackie EvanchoさんAGT3回目のパフォーマンス

AGTでの3回目のパフォーマンスはA.L.ウエッバー作曲のレクイエムから"pie jesu ピエ イエズ" 
最初のパフォーマンスの後、このパフォーマンス迄の間に最初に御紹介した2010年10月15日のD.フォスター"Hit Man Returns "コンサートへの出演も決まりました。会場の観客もジャッジもまるで天才少女のコンサートを楽しみに来ているようで、やっと落ち着きを取り戻して歌います。


アメリカのファンはこのパフォーマンスが一番お好きなようで、彼らのホームページにはこの時の画像が良く使われています。中には背中に翼をつけたものまであります。動画の書込みには”神が彼女を使わし祝福してくれている”的な宗教色を感じる物も。
クラシックファンは"pie jesu "と言うとフォーレのものか或いは他の作曲家でこのA.L.ウエッバー以外の曲を思い浮かべると思います。オペラのソプラノ歌手でこの曲を歌っているものを私は知りませんでしたがYoutubeに静止画ですがありました。オペラ界のスーパースターAnna Netrebko(アンナ・ネトレプコ)さんの歌も比較して聴いて下さい。


昔オペラが好きだと言うと「太った女の人が舞台で金切り声で歌うアレが好き?」と揶揄されました。彼女の登場後にそのような事を言う人はいません。オペラ界屈指の美貌とされています。
どちらが良いでしょう?ジャッキー・エヴァンコさんを知らないオペラファンにネトレプコさんがビジュアルで負けると言ったら”どういう冗談だ?”って言いますよ。
好みの問題でしょうがビジュアルも含めるとジャッキー・エヴァンコさんのリアル天使ぶりにはだれも勝てないように思います。声もピュアで良いです。ジャッキー・エヴァンコさん本人も今はこんな風に歌えないのではと思います。
ジャッジのホーウィーが”Did you ever swallow a grownup?”(大人を飲み込んだ?)と言ったのはなんとなく同感。初めて彼女の動画を見たとき背中のファスナーを開けてルチアポップが出てきそうで少し怖い様な気がしました。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

久しぶりにこの動画を見て涙してしまいました。10歳の少女がどうしてこんなに万人の心を鷲掴みし離さないのでしょうか。イエス・キリストも彼女の歌声を聴くと涙するに違いありません。

私は思うのです、紛争地域の指導者が彼女の歌声を聴くときっと優しい気持ちになり、平和が訪れるのではないかと…
2014/ 07/ 14( 月) 22: 09: 10| URL| GK1Kahn# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://jyakko.blog.fc2.com/tb.php/8-d571676f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。