スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジャッキー・エヴァンコさんメモリアルデーコンサート②

昨日のジャッキー・エヴァンコJackie Evanchoさんのミルウォーキーでのコンサートはどうだったのでしょうか。またまた新しドレスを着て歌ったようですが。

2014メモリアルデー・コンサート ワシントンD.C.通し動画

このコンサートで共演した歌手達の歌も登場順に紹介しておきます。
①アメリカ国歌”星条旗The Star-Spangled Banner”アメリカンアイドル優勝Caleb Johnsonさん。私としては野次馬根性で一番期待していましたが、これは裏切られました。彼はまともに歌ったので視聴者の好感を得た事でしょう。
国歌をアレンジして歌い物議を醸すのは大概ロック歌手なのです。もちろんロック歌手以外でも10代の少女がアレンジして歌って”今まで国歌を歌ったことが無いのか?”と言われたりしています。歌った人がマジョリティーならば。
歌ったのがマイノリティーだったら(ホイットニー・ヒューストン、マライヤ・キャリー、、)マジョリティーが遠慮?するのか言われません。

Caleb Johnsonさんとは逆の極めつけは2009年に歌われた国歌。この式典に参加するような人達には受け入れ難いだろうと思います。正しく国歌を歌わないのは冒涜だと感じるからではなく、合唱したいと思う人が参加できるように歌わないのはおかしいと言うのが彼らの理屈です。米国以外の国では国歌をアレンジして歌う事などないのでこんな論議はありません。
米国の事なので米国人の好きなようにすれば良い事ですが、歌手の独唱にみんなで聞き入っているのではなく、合唱しているのがアメリカらしい様に感じます。
日本では御存知の事情で国歌を合唱する(できる)人が少ないので鈍感なのかもしれませんが、下の動画が普通でしょう。


当たり前の事ですが他国の国歌をアレンジして歌ってはいけません。ホイットニー・ヒューストンバージョンが一番で喜ばれると思って真似をするのは大変な勘違いです。
脱線している内に長くなってしまって、1曲目だけになってしまいました。ごめんなさい。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://jyakko.blog.fc2.com/tb.php/97-29d8944d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。